ホームページでお金を稼ぐ

2017年10月16日

ホームページやウェブサイトでお金を稼ぐことはできるのでしょうか?

結論からいうと、稼ぐことができます。しかも稼ぎ方にはいくつかの種類があり、それぞれに特色やメリット、デメリットがあるのです。中にはビジネスとして本格的に取り組むことで数百万円以上の利益を上げることができるものもあります。

ホームページを作成してお金を稼げるってホント?

結論からいうと、ホームページやウェブサイトを作成することでお金が稼げるというのは紛れもない事実。

そして、稼いでいる人は月に100万円以上、さらに上の人になると1,000万円以上の金額を稼いでいるというのがWEB業界の実態です。ただし、そういった大きく稼いでいる人たちというのは、ビジネスとして本格的に取り組んでいるのです。ですから”ただ”ホームページやウェブサイトを作ったら稼げるかというと、答えはNOになります。

ホームページやウェブサイトを利用したネットビジネスにはいくつかの種類があり、それぞれで難易度や有効な手法、稼げる金額も異なってきます。ですから、あなたがホームページで稼ぎたいと思っているとすれば、まずはそういったウェブ業界の内情を知った上で判断するようにしましょう。

ホームページ作成に必要な費用の 基本編

ドメイン契約

ホームページにはWEB上の”住所”にあたるドメインを取得しなければなりません。ドメインはドメイン契約会社(レジストラ)で契約することができます。おすすめは以下の「お名前.COM」や「ムームードメイン」などは安価なプランからあるのでおすすめです。


 

 

サーバー契約

ドメインとセットがWEB上で”土地”にあたるサーバーです。サーバー契約会社は複数あります。







★月額100円(税抜)~/WordPress簡単インストール! ロリポップ!レンタルサーバー ★

CMSの導入

CMS(Content Management System)とはコンテンツマネジメントシステムの略で、サイト作成作業をサポートしてくれるシステムです。CMSがなくても自力でHTMLやCSSを指定してホームページやウェブサイトを作成することもできますが、複雑な作業が必要になります。対して、WordPressなどのCMSやサイト作成ツールを導入すれば直感的にサイトを作成することができます。

ホームページ作成に必要な費用の 応用編

Google Analytics

Googleの提供する無料で使えるアクセス解析サービスのことです。アクセスが少ないうちは必要になってくることはありませんが、大型のサイトやオウンドメディアを目指すような場合は必ず導入するようにしましょう。この情報を解析することでさらにアクセスを集めたり、成約に繋げたりするために必要な対策を取ることができるようになります。

ウェブマスターツール

ウェブマスターツールはグーグルが無料で提供するサイト管理者用のツールになります。多少のアクセス解析に加えて、インデックス申請というものができます。検索エンジンから集客を行っていく上で、特にサイト運営の初期段階での申請は必須になりますので必ず導入するようにしましょう。

SEOの知識

SEO(Search Engine Optimization)は検索エンジン最適化という意味です。簡単に説明すると、検索エンジンで上位表示されるために行う施策のことです。ホームページやウェブサイトを作ってお金を稼いでいくならこのSEOの知識は必須になります。

HTMLやCSS、Javascriptの知識

ホームページを作成するには、HTML言語やCSSなどのマークアップ言語の知識が必要な場合があるのです。CMSを使うことでサイト作成の作業は簡単になりましたが、サイトデザインなど細かい部分をいじる時にはHTMLやCSSなどの知識が必要になります。